クレジットカードのセキュリティコード

前回は、保険や補償の有無などから、「現金よりもクレジットカードの方が安全である」というお話をしました。 前回に引き続き、今回もクレジットカードの「安全性」について触れていきたいと思います。 今回のテーマは「セキュリティコード」についてです。

セキュリティコードってなに?

ご存知ではない方は、お手持ちのクレジットカードの裏側を見てみてください。 3桁の数字が記載されていますね。それがセキュリティコードです。 セキュリティコードは、その名の通り、クレジットカードの安全性を高めるためのコードです。 では、セキュリティーコードは、どのような場面で必要となるのでしょうか?

ネットショッピングをしたことがある方はご存知ですね。 インターネット上でクレジットカード決済をする際に、クレジットカード番号や有効期限とともに、セキュリティコードが必要になる場合があります。

インターネット上でクレジットカードを利用するためには、最低限、カードに印字されている名前、有効期限、カード番号が必要です。 現在でも、この情報だけでカード決済が可能なECサイトはまだまだありますね。 実は、こういったサイトが存在することで、クレジットカードの安全性に重大なリスクが生じています。

というのも、これらの情報は、すべてクレジットカードの磁気ストライプに記録されているのです。 つまり、クレジットカードをスキミングすれば、加害者は本人になり済まして、上のようなECサイトで自由にクレジットカードを利用できてしまいます。

そこで登場するのが、磁気ストライプに搭載されていないセキュリティコードというわけです。 クレジットカード決済のときに、このコードの入力を必要にすれば、なんとか水際で不正利用を防ぐことができるわけですね。

まだまだ発展途上のサービス

サイトによっては、まだまだセキュリティコードの入力が必要ではなく、最低限の情報でカード決済ができてしまいます。 したがって、完璧に防ぐには、まだまだ時間がかかりそうです。 さらに、スキミングするときに、たかだか3桁の数字のため「覚えよと思えば覚えられる」という問題もあります。

まだまだ完璧ではないサービスのため、利用する側も過信せずに、常日頃より不正利用に目を光らせるようにはしておきたいところですね。